2010年02月07日

まず市役所から

お久しぶりです
皆さんの応援で日々活動しています。

さて、まもなく登庁して9ヶ月になります。機関車役の市役所と職員が変わる」ことから小松市が変わります。

1.組織の大幅見直し(4月1日から)
  3つの事業に再編します。
  @ くらし充実グル-プ(市民福祉、医療、教育、救急など)
  A まち発展グル-プ (経済 観光交流 都市創造など)
  B 行財政改革グル-プ(政策 財政 行革など)
  1300人いる市役所を3つに分け、課題を共有化そして隙間を  なくし、サ-ビス向上を図ります

2.職員の意識改革
  これまで曖昧だった「管理職登用」など人事制度を変えます。
  公平に能力や意欲を評価します

  仕事のやり方の基本に民間手法である「QC手法」を取り入れ、問題解決(PDCA)方針展開を明確にします

  市民はお客さま」という基本に立ち返り、応対を改めます。

3.情報の発信を変えます
  入札結果の公表など情報公開や情報伝達を改善します

これからも行財政改革は継続します。
どんどん意見お寄せください

なお、小松市制70周年は市民の皆様に周知しつつあります。
広報やHPなどご覧いただき、皆さんも参加してください。
小松市の再生が始まります。お力をお貸しください。 


posted by しんじ at 17:33| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 行財政改革 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

9月議会を終えて

先日9月議会を終えました。
副市長の選任議案は「時間切れで?審議未了廃案」になり、私のパ−トナを選任できなかったことは悔やまれます。

9月議会が突然閉幕したことで、詰め掛けていた傍聴者から不満があがるのは自然で、私たちもその後30分間呆然と座り続けた。
市民の皆さんには大変ご心配をおかけしました。再提案し議会の承認を得ていく予定です。

さて、遅れていた小中学校の耐震化に目処が立ちました。総額36億円のい予算で耐震調査と実施設計を行っています。順次、耐震化工事と校舎の大改修を行っていきます。あんしんで気持ちよくしっかり学習できる環境を整備します。

議会開会中に、市役所改革を進めている「経営改革チ−ム」の中間報告を議員にも説明しました。
来年4月に効率的な組織に大改正しますが、この10月には観光交流の促進のため一部課制を強化します。市民のみなさんへの再度のヒアリングや人事制度や研修制度などの改訂作業を経て、行政改革の中心となります「市役所改革」をめざします。

10月より今年度の後半期に入ります。政権交代により本格的な地方主権の時代に入る予感を感じます。その分、小松市役所の力量が問われることでもあります。
職員一丸となって、小松市の再生そして、市民の皆さんの暮らし向上にまい進していきます。
今後とも叱咤激励のほどお願いいたします。




posted by しんじ at 06:15| 石川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 行財政改革 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

6月議会の中間報告

お久しぶりです。お元気ですか。お陰をもち、元気にやっています。

初めての議会で、2日間にわたる質疑を終えました。
傍聴にこられた方はのべ200名余と多っかたようで、議員方もいつもと雰囲気が違うと言われていました。
コマツテレビで視聴されたかたも相当いたようです。
激励ありがとうございました。

今回は14人の議員が質問された。例年に比べかなり多いようです。和田の政治に対する基本市政に関するものが多かった。中でも、多重債務者への対応強化、外国人観光客誘客取組みの強化などは、自分の取り組みが遅れていると反省材料になった。

質問で目立ったのは、環境の諸問題、小松市の市債残高に関してであり、市民の皆さんが和田に求められている「行政改革、財政再建」を取り上げてくれたことは、今後の運営の一助になります。

この後、6月29日10時から、「連合審査会」が議場で行われます。「一問一答」方式で議員と対面し、即答するやり方だそうです。

小松市議会でも初めての試みであり、是非とも傍聴に来てください。
きっと、白熱した議論?が間近に見られますよ、、、、、、




posted by しんじ at 06:12| 石川 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 行財政改革 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

暑中お見舞い

暑中見舞い申しあげます

殊のほか、暑い夏になっています。元気出して夏の太陽に打ち勝ちましょう。

でも暑くなっているのはお天気だけではありません。ガソリンは180円と天井知らずで毎月最高値を更新。食料品はじめ生活物資の値上げもうなぎ登り。
猛暑は更に暑く燃えたぎっている。

世界的にもインフレと不景気が拡大している。アメリカの景気減速は加速しており、日本経済への影響が出ており、私たちの暮らしにも更なる心配が増してきた。

このような情勢下でも、国会や地方自治体は”100年一日のごとく”従来どおりのスタイルを変えようとしない。
小松市の借金は1500億円と年々最高値を更新中。年間の支払い利子は32億円で学校が2校新築できる途方もない金額になってしまった。

小松市の現状をキチント把握し、希望が持てる将来展望を共有化していきたい。

posted by しんじ at 15:32| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 行財政改革 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。