2008年05月16日

お旅

ブログ051301.jpg            ブログ051302.jpg

15日からお旅祭りのメインの「子供歌舞伎」が始まった。(写真左)
例年楽しみに鑑賞させてもらっている。今年の当番町は「西町と材木町」です。子供たちの迫真の演技には感嘆。5人衆、若衆の皆さんが黒子となって舞台を支えている姿も見逃せない。
是非、ご鑑賞あれ。

同時に、八基の曳山の豪華な装飾にもじっくり鑑賞してみては、、、。
各町の曳山の見所は、、
・寺町 1798年建造  天井の鳳凰は北市屋平吉作
・京町 1792年建造  彫り物
・八日市町 1790年代建造 唐門式の二重屋根 天井の四神が見どころ
・大文字町 1790年代建造 牡丹に唐獅子の彫り物
・材木町 1813年建造 粟屋源右衛門作の15枚の九谷の花鳥図
・西町 1790年建造  名匠山上善右衛門の弟子の作
・中町 1798年頃の建造 屋根下の極彩色や青貝入りの研いだ柱
・龍助町 1790年代建造 二重式の屋根 四隅の龍の彫り物 龍天井画

さて、小松の中興の祖といわれている「前田利常公」のお墓は、金沢野田山にある。(写真右)
訪れたときは枯れ枝や落ち葉で物悲しい雰囲気だった。
豪華な曳山文化は利常公の殖産や文化振興のお蔭でもある。
子供歌舞伎の名演技への賞賛と同時に、利常公の遺徳にも大いに感謝したい。

                 


posted by しんじ at 11:57| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

前田利常
Excerpt: お旅 ... 小松の中興の祖といわれている「前田利常公」のお墓は、金沢野田山にあ...
Weblog: なみの出来事
Tracked: 2008-08-14 19:22
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。