2008年03月31日

千恵子桜

ブログ033001.jpg            ブログ033002.jpg

松岡町の『千恵子桜』の保護活動あり、あいにくの雨だったが愛樹会はじめ30名が参加した。 (写真左)
保護開始から7年、幹周りは30CM太くなり2メ-トル64センチになりあと数年で3メ-トルになる。着実に保護活動の成果が現れている。

千恵子桜の由来は、60年前にブラジルに移住した従姉妹を想い、記念植樹したことに始まる。
その想いが通じ、今でもブラジルで元気に過ごされているとのこと。

写真は昨年の満開のものです。つぼみはまだピンクに色変わりしておらず、この様子では多分4月4日ごろの開花、12日13日の週末が見頃になりそうです。
『千恵子桜』の由来を思い浮かべ、お花見をお楽しみ下さい。

南加賀の山沿いには、想い出多い桜が佇んでいます。
保護を始めて3年になる鵜川遊泉寺駅跡にある「う川古代桜」も今春はつぼみが多く、見事な満開になると思います。
4月12日14時から、日本花の会主催で「お花見会と桜守り入門講座」を開催しますので、桜の生態に興味ある方は現地にお越し下さい。

南加賀のサクラが観光や旅する人たちに佳い思い出の彩りになるよう目指していきましょう。


posted by しんじ at 14:59| 石川 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも拝見しています。
クローン桜・ソメイヨシノの寿命が一斉に来るそうですが、次世代のためにも守り続けていきたいものです。美しい花の咲く慈悲と利他の社会、お願いします。
Posted by 嶋多龍夫 at 2008年04月03日 22:18
道元禅師の「利他」のこころは一人ひとりの実践からでしょうか。ブラジルへ渡った千恵子さんも従姉妹さんの願いが通じ、70歳半ばでお元気でお過ごしです。
19日の梅原さん、安田さんのお話が楽しみです。
Posted by しんじ at 2008年04月07日 10:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

桜日和@南加賀
Excerpt: 4月9日。石川県のほとんどの桜が満開です。4月9日の南加賀のあちこちの桜たちを紹介します。 まずは能美市辰口の物見山総合運動公園近くの桜並木。 小松市松岡町の通称、千恵子桜。県内でも屈指の枝垂桜..
Weblog: 加賀日和(かがびより)-南加賀(小松・加賀・能美)のグルメ&スポットなど魅力発信
Tracked: 2008-04-09 22:45
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。