2012年03月04日

乗り物の動物園


小生随筆が地元紙北國新聞夕刊にコラム「舞台」に掲載された。(2月29日)

テ-マは「乗り物の動物園にどうぞ」
子供のころから大人に至る今まで、」乗り物との関わりは増え続けている。
幼児のころの父の背中でのお馬さんごっこ、、、修学旅行で東京までの長い長い夜行列車での仲間との会話、、、、
皆さんいかがでしょうか?

小松市はいま「乗り物のまち」をうたっています。建機、バス、飛行機さらに木場潟でのカヌ-など企業やスポ-ツが見て、乗って、楽しめるまち。
「産業観光」も面白いまち。
4月には空港前の航空プラザに日本最大級の「飛行機型大型遊具 飛ぶう~ん」が登場します。
ご家族で遊べますよ。

小松市に住んでいる乗り物たちが、まるで動物園のように、皆さんのお越しをお持ちしています。


posted by しんじ at 09:26| 石川 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 経済、交流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
50年後、100年後の小松市の為に。
ブログなどを使い、コミュニケーションの中で
地方、地域単位だからできる、
未来の方向性など
多くの考え方などを共有されることを期待しています。
Posted by 市民20代 at 2012年10月18日 04:35
励ましありがとうございます

市民の皆さまとのコミュニケ−ションを大切にこれからも務めてまいります
Posted by 和田しんじ at 2013年02月10日 15:51
改めまして、再選おめでとうございます。

航空プラザ内、ぶんぶ〜んワールドで

5才の息子

楽しまさせて頂いてます。

さて、小松駅前、活気がありません。

そこで日本海側初、ポケモンセンター小松

作っていただきたい。

現在、大阪 名古屋 東京など大都市にあり、

どこも大人気です。

小松大和跡地活用。

子供大好きポケモンで

親子で県内外から来るだろうから、

経済効果かなりあると考えます。

ぜひ是非、ご検討お願いします。


 
Posted by うえだ しただ at 2013年04月05日 23:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。