2012年02月12日

好循環に向かって

大震災から11ヶ月。東北への支援、一時避難の方々へのお支えなどしっかり継続しています。
小松市民へのあんしん感の増大は優先課題であり、『減災、免災』の思想でこれまで進めてきました。
3年かかりましたが、県下最悪の校舎耐震化率も90%を超え、24年度で100%となります。
水防、雪害など毎年めぐる災害もあります。地域や市民の協働社会向上に向かって日々皆さんと語り合い進めてまいります。

さて、法政大学で「各県ごとの幸福度」が発表され、小松市でも同じ基準で模擬診断をいたしました。北陸3県が全国でトップ3になりましたが、小松市はさらにその上に位置できました。
40項目は、「災害、あんしん」、「生活、働く」「健康、医療」などに分類されます。
強みをさらに高め、弱い点の改善を図っていきます。

産業、観光交流、スポ-ツ、自然環境、医療、人口など多くの指標で好循環に変わっています。
これからも市民はじめ民間感覚で、スピ-ドを高めてまいります。

『温故知新』長い歴史に感謝と反省を持ち、これからの小松市の成長に自信をもっていきましょう。


posted by しんじ at 08:55| 石川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小松をチョッと考えてみませんか! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。